press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom

フィレンツェ

ルネサンス文化が開花した街、

   それは、「屋根のない美術館」

フィレンツェ (Firenze) は、イタリア・トスカーナ地方の都市で、人口は約36万人。(近郊は約20万人)。フィレンツェの由来は、古代ローマ時代に、花の女神フローラの町としてフロレンティア (Florentia) と名付けたことだとされています。英語ではフローレンス(Florence)、ドイツ語でフロレンツ(Florenz)と呼ばれ、その名残が見受けられます。

古代、エトルリア人に建設されてフィレンツェという街は、アルノ川のもとで広大で豊かな平野が広がり、メディチ家の繁栄と富のもとで、15~16世紀にルネサンス文化が開花した場所で、芸術の都」とよばれています。ミケランジェロ・ボッティチェリなどをはじめ、多くのルネサンス期の芸術家たちの作品が街中に点在する「屋根のない美術館」。それもそのはず、街全体が世界遺産に登録されています。建築、絵画、彫刻におけるルネサンス芸術の開花により、現在も旅行者を魅了してやまないルネサンス期の芸術家、ボッティチェッリレオナルド・ダ・ヴィンチミケランジェロラファエロなどの巨匠が生まれたのです。

14~15世紀には、ミラノとの戦いが絶えませんでしたが、アルノ川下流に位置するピサを、1406年に獲得したことで、海を獲得するなど、その支配範囲を確実に広げていきました。その規模は、フィレンツェのフローリン金貨が、ヨーロッパ全域の貿易の基準通貨となったほどです。

その後、ピエロ2世時代のナポリ王国への賠償やピサの譲歩、ドミニコ会サン・マルコ修道院長だったジロラモ・サヴォナローラ時代の急速な民衆からの支持の低下(のちに処刑)など、衰退の一途をたどり始め、ルネサンス期の黄金時代を築いたメディチ家が復帰し、トスカーナ大公国の首都として返り咲きしたにも関わらず、経済面や政治面での衰退を食い止めることはできず、1737年にオーストリアのハプスブルク家に継承されることとなりました。

18~19世紀には、ナポレオン時代以外は、常にハプスブルク家の支配下だったフィレンツェは、1860年にイタリア王国に合併され、現在に至っています。1865~1871年まではイタリアの首都も置かれました

「芸術の街」フィレンツェとは・・・

イタリア・フィレンツェ地図

フィレンツェの見どころ

フィレンツェ・サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
フィレンツェ・シニョリーア広場

フィレンツェの見所は・・・??

*以下の各イメージ画像をクリックすると名所の詳細ページに移行します。​

スペインの観光都市

フランス・パリ旅行
イタリア・ピサ旅行
イタリア・ヴェネツィア(ベネチア)旅行
フランス・モンサンミッシェル旅行
フィレンツェ・サン・ジョバンニ洗礼堂

フランスの人気観光都市

フィレンツェ・ランツィの回廊

ランツィの回廊

ヴェッキオ橋

フィレンツェ・アカデミア美術館(ダビデ像)
フィレンツェ・アルノ川

アルノ川

フィレンツェ・ヴェッキオ宮殿
スペイン・バルセロナ旅行

サンタ・クローチェ教会          附属美術館

ヴェッキオ宮殿

ルネサンス文化の中心「フィレンツェ」とはどんなところ・・・??

フィレンツェは、いわずと知れたイタリアでも最も人気の観光都市のひとつ。世界中から旅行者がフィレンツェに集まる理由は、なんといっても「ルネサンス期」のフィレンツェの芸術。街全体が芸術品に溢れるこの街が、「屋根のない美術館」といわれるのも納得です。フィレンツェのシンボルの大聖堂はもちろん、ルネサンス期の傑作といわれる建物や芸術品は必見です。

イタリア・サルデーニャ島旅行
イタリア・シエナ旅行
スペイン・マヨルカ島
フランス・コルシカ旅行

イタリアの人気観光都市

フィレンツェ・ウフィッツィ美術館

イギリスの観光都市

イギリス・マンチェスター旅行
フィレンツェ・ヴェッキオ宮殿
フィレンツェ・サンタ・クローチェ教会附属美術館
フィレンツェ・サンタ・クローチェ

ウフィッツィ美術館

イギリス・リバプール旅行
イギリス・湖水地方旅行
イギリス・エディンバラ旅行
フィレンツェのホテル最安値検索
フィレンツェのドゥオーモ共通券オンライン予約方法
フィレンツェの現地ツアー検索・予約

現地在住スタッフがズバリ解く!!「ヨーロッパ」観光旅行情報ガイド​