湖水地方の観光名所​一覧リスト

ここだけは!!見逃せない、湖水地方の必見観光名所一覧リスト

湖水地方・ヒル・トップ
イギリス・湖水地方・ダブコテージ

ブリッジハウス

Bridge House

マブリッジ・ハウス(Bridge House)は、ウィンダミア湖の北に位置するアンブルサイドにある町にある石造りの小さな家。イギリスを代表する画家ウィリアム・ターナーがこの家を描写したことで有名です。

この小さな家は、林檎を販売するお店として、17世紀に建てられました。この家は、橋の上に建っていることが特徴的なのですが、理由は、地税を逃れるためだったとか。現在は、ナショナル・トラストのインフォメーションセンターとして利用されています。

ヒル・トップ

Hill Top

ニア・ソーリー村にあるヒル・トップ(Hill Top(Near Sawrey))は、ピーターラビット」の作者ビアトリクス・ポターが半生を過ごした、17世紀の家と農場。日本でも有名なピーターラビットをはじめ、多くの物語がここで生まれました。現在は、彼女のイラストブックや家具や食器等が保存され博物館となっていて、見学することができます。

その美しい景観を見渡すと、まるでピーターラビットの世界が再現されるかのようです。

ビクトリクス・ポターの世界

The World of Beatrix Potter Attraction​

ビクトリクス・ポターの世界(The world of Beatrix Potter Attraction)は、ボウネス・オン・ウィンダミアにある、ピーターラビットの作者ビクトリクス・ポターに関する展示館。ビアトリクス ポターの世界をビデオで紹介しています。ピーターラビットのファンでなくても、是非訪れたい、人気の観光名所です。日本語の解説もあります。

湖水地方・ブリッジハウス
湖水地方・ウィンダミア湖

ライダル・マウント

Rydal Mount

ライダル・マウント(Rydal Mount)は、イギリス人に最も愛される詩人ウィリアム・ワーズワースが、1813~1850年まで、約40年を過ごした場所。ワーズワースの代表作ともいえる「水仙」をはじめ、彼の詩の多くはここで改訂されたのです。また、彼が手がけたガーデン(庭)も必見です。

ダブ・コテージ&ワーズワース博物館

Dove Cottage & The Wordsworth Museum

ダブコテージ & ワーズワース博物館(Dove Cottage & The Wordsworth Museum)は、詩人ワーズワースがケンブリッジ大学卒業後に湖水地方に戻った後、1799年から~1808年の間、住んでいた家。ウィンダミアの湖畔にある静かなで美しい町。1802年には幼なじみのメリーと結婚し、このダブ・コテージで新婚生活をスタートさせました。

ウィンダミア湖

Windermere

ウィンダミア湖(Windermere)は、イギリスの湖水地方の玄関口となる湖で、中世の面影が色濃く残る、人気の観光地。クルーズなども運行されていて、湖水地方の景観を楽しめます。

ウィンダミア湖にあるボウネス桟橋から出発する遊覧船は、アンブルサイド行き、レイクサイド行きがあり、各地への移動の拠点としても便利です。

イギリスの北西部に位置する湖水地方は、イギリスで最も美しい場所といわれ、イギリスきってのリゾート地。このエリア一体が国立公園として保護されているため、昔と変わらない景観を楽しむことができる観光名所。日本でも有名なピーターラビットを書いたビクトリクス・ポターの家や、ワーズワースが過ごした家なども見学できます。湖水地方の絶景を見れば、長年世界中からの観光客を魅了するか納得できるはずです。それでは、まずは、必見の観光名所をご案内します。

グラスミア

Grasmere

グラスミア(Grasmere)は、上記のワーズワースの家があるエリアで、湖水地方でも随一の美しい町といわれています。このグラスミア湖は湖水地方に点在する湖の中では比較的小さく、長さ1540メートル、幅640メートル、深さ21メートルの湖です。グラスミアの自然あふれる美しい町並みとともに、この湖の景観も必見です。

湖水地方・グラスミア湖
マンチェスター・マンチェスターユナイテッドFC
マンチェスター・マンチェスターユナイテッドFC
湖水地方のホテル最安値検索

現地在住スタッフがズバリ解く!!「ヨーロッパ」観光旅行情報ガイド​