バロック様式の傑作といわれる、ベルニーニによる「トリトンの噴水」

Piazza Navona, 00186 Rome, Italy

バルベリーニ広場​

(Piazza Barberini)​

マヨルカ島   Mallorca

落ち着いた広場に置かれた、バロックの天才ベルニーニの対照的な2つの噴水。
バルベリーニ広場の必見スポット
ローマ:その他の観光名所

スペインの観光都市

スペイン・マヨルカ島旅行
バルセロナ・カサ・バトリョ
バルセロナ・カサ・ミラ
バルセロナ・グエル公園
バルセロナ・カタルーニャ美術館
バルベリーニ広場と周辺スポットへのアクセス

カサ・ミラ

(Casa Mila)

ガウディの代表作の一つで、全く直線の部分がないことが特徴。特に波打つような曲線が印象的な外観

グエル公園

(Palau Guell)

エウゼビ・グエル伯爵とアントニ・ガウディの夢が作り上げた、1900年から1914年の間に作られた分譲住宅。現在は公園として市民に親しまれています

カタルーニャ美術館

(Museo Nacional de Arte de Cataluna)

中世から20世紀までのロマネスク美術、ゴシック美術、近代美術などのカタルーニャ美術を中心としたコレクションが集められた美術館

ピサ Pisa 

概要

​「バルベリーニ広場」は、バロックの天才といわれるベルニーニによる2つの噴水がある広場。ローマの観光名所としては、訪問必須の名所ではありませんが、ベルニーニファンや、彫刻に興味がある方は是非立ち寄りたい、落ち着いた印象の広場です。

 

一つは、広場中心にある「トリトーネの噴水(Fontana del Tritone)」で、1643年に完成したバロック様式の傑作といわれる作品です。もう一つは、バルベリーニ広場から北に向かってS字上に延びたヴェネト通りの入り口に置かれている、1644年に完成した「蜂の噴水(Fontane delle Api)」で、どちらも、バロックの天才といわれたジャン・ロレンツォ・ベルニーニによる作品です。

 

■フォロ・ロマーノ (Foro Romano) 0.5km 徒歩5分 

■パルテオン (Pantheon) 1.8m 徒歩20分 

■トレヴィの泉 (Fontana di Trevi)​​​​​​​​​​ 1.6km 徒歩18分 
 
■トレヴィの泉 (Fontana di Trevi)​​​​​​​​​​ 2.4km 徒歩28分 
 
​■ナヴォーナ広場 (Piazza Navona) 2.7km バス・地下鉄30分

 

■サンタンジェロ城 (Castle Sant' Angelo)​​​​​​​​​​ 3.4km バス30分

■サン・ピエトロ広場 (Piazza San Pietro)​​​​​​​​​​ 3.1km バス25分

バルベリーニ広場に関するインフォメーション

所要時間

約20分

カサ・バトリョ

(Casa Batllo)

美しい複数の色で飾られたタイルやステンドグラス、建物の曲線を描いた枠など、世界で類のないガウディの傑作の一つ

ヨーロッパの人気観光都市

ヴェネツィア Venezia

ローマ Rome

バルセロナ Barcelona

アクセス

この「トリトーネの噴水」は、ギリシャ神話のポセイドン(ローマ神話でいうネプチューン)の息子である半身半魚の神トリトンが、ほら貝を吹く姿が表されていて、トリトンが立っている貝をイルカが支えるというデザインで、躍動感がある肉体美や、迫力のある作りが見所です。

 

また、イルカの尾っぽには、バルベリーニ家の紋章が刻まれた盾、教皇の冠、ペテロの象徴の鍵が施されています。バルベリーニ家の紋章が刻まれているのは、ベルニーニのパトロンだった教皇ウルバヌス8世がバルベリーニ家出身だったためなのです。

全く印象が異なる、ベルニーニのもう一つの噴水「蜂の噴水」

ベルニーニによるもう一つの噴水が、サン・ニコラ・ダ・トレンティーノ通りと交差するヴェネト通りを上がる入り口にある、「蜂の噴水」で、1644年に、ベルニーニのパトロンだったバルベリーニ家出身の教皇ウルバヌス8世のために作られたものです。貝に、バルベリーニ家の紋章である3匹の蜂が彫られています。こちらは、トリトーネの噴水に比べ、落ち着いた印象を受ける噴水です。そこには、「市民とその動物のための水、教皇ウルバヌス8世の即位22年を記念して・・・」という文字が刻まれていますが、完成後、まだ即位後21年だと皮肉っぽく指摘する紙切れが置かれたため、21年に訂正されたといわれています。ちなみに、教皇は、即位22年の8日前に帰らぬ人となったそうです。

 

この噴水、1871年までは広場の反対側のシスティーナ通りの角に置かれていたようですが、交通の妨げになるという理由から、取り壊されてしまったそうなのです。その後、1920年に、現在の位置に修復されたそうです。

 

ローマのホテル最安値検索

現地在住スタッフがズバリ解く!!「ヨーロッパ」観光旅行情報ガイド​