Piazza della Signoria, Florence, Italy

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

(Santa Maria Novella)​

マヨルカ島   Mallorca

フィレンツェの歴史を刻む、「屋根のない美術館」といわれるフィレンツェの中心地に散りばめられた傑作彫刻群
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の必見スポット
ローマ:その他の観光名所

スペインの観光都市

スペイン・マヨルカ島旅行
バルセロナ・カサ・バトリョ
バルセロナ・カサ・ミラ
バルセロナ・グエル公園
バルセロナ・カタルーニャ美術館
シニョリーア広場と周辺スポットへのアクセス

カサ・ミラ

(Casa Mila)

ガウディの代表作の一つで、全く直線の部分がないことが特徴。特に波打つような曲線が印象的な外観

グエル公園

(Palau Guell)

エウゼビ・グエル伯爵とアントニ・ガウディの夢が作り上げた、1900年から1914年の間に作られた分譲住宅。現在は公園として市民に親しまれています

カタルーニャ美術館

(Museo Nacional de Arte de Cataluna)

中世から20世紀までのロマネスク美術、ゴシック美術、近代美術などのカタルーニャ美術を中心としたコレクションが集められた美術館

ピサ Pisa 

概要

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会」は、1211年にドミニコ会の修道士が建てた教会で、カトリック教会のバシリカ。その起源は、9世紀頃のサンタ・マリア・ヴィーニェ礼拝堂でと、長い歴史のある教会です。

 

フィレンツェのヴェッキオ宮殿前に位置するL字型の広場。フィレンツェ共和国の歴史を刻む場所とされ、今も昔も政治的中心地として存在しています。フィレンツェは、しばしば「屋根のない美術館」と比喩されますが、この広場に点在する彫刻をみれば、その表現に納得できるはずです。

 

その当時、修道僧たちが薬草を栽培して薬剤を調合していたのが、世界最古の薬局といわれるサンタ・マリア・ノヴェッラであり、800年以上経た今でも続いている。

黒と白の大理石をはめ込んだファサードの上部は、レオン・バッティスタ・アルベルティによるデザインである。

■フォロ・ロマーノ (Foro Romano) 0.5km 徒歩5分 

■パルテオン (Pantheon) 1.8m 徒歩20分 

■トレヴィの泉 (Fontana di Trevi)​​​​​​​​​​ 1.6km 徒歩18分 
 
■トレヴィの泉 (Fontana di Trevi)​​​​​​​​​​ 2.4km 徒歩28分 
 
​■ナヴォーナ広場 (Piazza Navona) 2.7km バス・地下鉄30分

 

■サンタンジェロ城 (Castle Sant' Angelo)​​​​​​​​​​ 3.4km バス30分

■サン・ピエトロ広場 (Piazza San Pietro)​​​​​​​​​​ 3.1km バス25分

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会に関するインフォメーション

所要時間

約30分

 

営業時間

 

24時間開放されています。

 

 

 

カサ・バトリョ

(Casa Batllo)

美しい複数の色で飾られたタイルやステンドグラス、建物の曲線を描いた枠など、世界で類のないガウディの傑作の一つ

ヨーロッパの人気観光都市

ヴェネツィア Venezia

ローマ Rome

バルセロナ Barcelona

アクセス
フィレンツェ・シニョリーア広場

フィレンツェの腐敗やメディチ家の独裁体制に対抗したサヴォナローラが火あぶりの刑に処された場所

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会は、数々の芸術作品があることでも有名で、なかでも、1427年にマザッチョにより描かれたフレスコ画「三位一体」、ドメニコ・ギルランダイオによる内陣部のフレスコ画「聖母マリアとサン・ジョヴァンニの生涯」、左側に位置するジュリアーノ・ダ・サンガッロによるゴンディ礼拝堂にあるブルネッレスキの十字架、

 

この教会のために描かれたといわれる、1300年から5年かけて制作されたドゥッチオ・ディ・ブオニンネーニャ作の「ルチェッライの聖母」は、現在、ウフィッツィ美術館で見ることができます。

、フェラーラ生まれのドミニコ会修道士で、フィレンツェで神権政治を行った人物で、宗教改革の先駆者として評価されることもある人物ですが、フィレンツェの表製の中心であるシニョリーア広場で、火あぶりの刑に処せられて、その一生を終えたました。

 

この聖堂には数え切れないほどの重要な美術作品が収められており、ベルナルド・ロッセリーノによるベアタ・ヴィラーナ・デッレ・ボッティの廟、マサッチオ のフレスコ画「三位一体」(1427)、フィリッポ・リッピによる祭壇(1502)、ドメニコ・ギルランダイオによる「聖母マリアの生涯」が描かれた主祭 壇、ジュリアーノ・ダ・サンガッロによるゴンディ礼拝堂、ジョヴァンニ・アントニオ・ドシオによるガッディ礼拝堂(1577)などがある。聖具室 (1386)の後期ゴシックのトリフォーラ(三連窓)は美しいステンドグラスで彩られている。

 

隣接する14世紀の修道院部分は現在美術館になっているが、もとはヴェルデとデイ・モルティのキオストロ(回廊)、スペイン人礼拝堂をもつ巨大な修道院 で、アンドレア・ダ・フィレンツェによる「教会の伝道と勝利」(1365-67)などのフレスコ画が描かれている。

 

ファサードの下部分に、白い大理石の四角の中に紋章らしきデザインが彫り込まれたものが幾つも続いているところがありますが、これは実は石棺。
全体のデザインの中にとけ込んでいるのでお墓だという印象は受けないのですが、ちゃんと人が埋葬されています。
中には、著名な画家ドメニコ・ギルランダイオのお墓も。
当時の人にとっては、こうして人の目に触れる場所に埋葬され、教会の礎となることは、大変名誉なことだったんでしょうね。
ちなみにギルランダイオはこの教会の中、中央の大礼拝堂に巨大なフレスコ画を描いていて、彼の代表作の一つに数えられています。

フィレンツェ・シニョリーア広場
フィレンツェのホテル最安値検索
フィレンツェのドゥオーモ共通券オンライン予約方法

現地在住スタッフがズバリ解く!!「ヨーロッパ」観光旅行情報ガイド​