フランス・トゥールーズ観光名所​一覧リスト

トゥールーズの必見観光名所一覧リスト

トゥールーズ・トゥールーズ市庁舎
トゥールーズ・ミディ運河
トゥールーズ・ヌフ橋

アセザ館

Hotel d'Assezat Fondation Bemberg

アセザ館は、16世紀のルネサンス期に、藍染料や穀物の交易で財を成した豪商ピエール・アセザによって建てられた館。現在は、バンベルグ財団の美術館となっていて、クラナッハボナールモネなどの絵画を所蔵しています。

ミディ運河

Canal du Midi

ミディ運河(Canal du Midi)は、トゥールーズのガロンヌ川から地中海に面したトー湖にいたる全長 240 km(支流部分も含めると 360 km) に及ぶ運河。1996年に文化遺産として世界遺産に登録されました。19世紀に鉄道に取って代わられるまで、大西洋岸から地中海沿岸に貨物を輸送するための航路を約 3,000 km 短縮し船舶で結ぶ大量輸送ルートとして利用され、、ジブラルタル海峡の通行税をスペインから削ぐことに成功した歴史的な運河。もっと読む→

トゥールーズ市庁舎

Place del Capitole

トゥールーズ市庁舎は、1700年代中頃建造されたバロック様式の建物。その中にHotel de Villeや国立キャピタル劇場(Theatre National du Capitole)を備えており、劇場においてはコンサート、バレーやオペラなどの催しも開かれています。

トゥールーズ・オーギュスタン博物館
トゥールーズ・アセザ館
トゥールーズ・サン・セルナン・バジリカ聖堂

オーギュスタン博物館

Musee des Augustins

オーギュスタン博物館は、トゥールーズを代表する博物館で、14世紀に建てられた修道院の中にあります。中世の彫刻や絵画が数多く所蔵されています。博物館自体は200年ほど前に建てられており、18世紀後半からのオランダ、イタリア、フランドルの巨匠の作品を所蔵しています。正面入り口の様子やロマネスク様式の彫刻は目を見張るものばかりです。

ヌフ橋

Pont Neuf

ヌフ橋(ポン・ヌフ)は、ガロンヌ川に架かるトゥールーズ最古の橋で、全長220メートル。トゥールーズを流れる美しいガロンヌ川に架かり、バラ色の街トゥールーズとガロンヌ川に加え、とても絵になる絶景スポットです。

サン・セルナン・バジリカ聖堂

Basilique Saint-Sernin

サン・セルナン・バジリカ聖堂は、11世紀に建設された、現存するロマネスク教会ではフランス最大の教会。1990年に世界遺産として登録されました。中世におけるキリスト教の3大聖地の一つとされ、スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへの街道上の重要な巡礼地となっています。もっと読む→

モンペリエ地図

フランス・トゥールーズを訪れたら必ず訪れたい観光名所・観光スポットをこちらから確認できます。それぞれの名所の歴史を知った上で訪れると、さらに観光が面白くなります。

サン・テチエンヌ大聖堂

Cathedrale St-Etienne

サン・テチエンヌ大聖堂は、1070年頃に建てられた大聖堂で、17もの礼拝堂が備わっています。特に、そのアンバランスな外観で有名で、様々な時代の建築様式で増築や改築されているために、このような独特な外観となりました。

トゥールーズ・サン・テチエンヌ大聖堂
トゥールーズ・ジャコバン修道院
トゥールーズ・ガロンヌ川
モンペリエ・サン・ピエール大聖堂

ジャコバン修道院

Couvernt des Jacobins

ジャコバン修道院は、中世の時代にドミニコ会最初の修道院として建設されたジャコバン修道院。ゴシック様式の名作といわれる、ヤシの木のような修道院内部の天井と支柱は必見。隣接する回廊も有料で見学できます。過去には、カタリ派虐殺という暗い歴史もあるものの、現在は、その天井の美しさを一目見ようと多くの観光客が訪れます。

ガロンヌ川

La Garonne

ガロンヌ川は、トゥールーズをはじめ、フランス南西部を流れる全長約647キロの川。このガロンヌ川は、スペインのカタルーニャ州北西部からフランス西南部に渡り、スペインではガローナ川と呼ばれています。トゥールーズ市民に愛されるこのガロンヌ川は、ブラジルのアマゾン川、中国の銭塘江、イギリスのセヴァーン川のように、河口に入る潮波が垂直壁となって河を逆流する現象の海嘯(かいしょう)を起こす、世界でも珍しい川の一つです。

サン・ピエール大聖堂

Eglise St-Aubin

トゥールーズ・ヴィクトル・ユゴー市場
モンペリエ・サン・ピエール大聖堂

ウィルソン広場

Place Wilson

ヴィクトル・ユゴー市場

Place Victor Hugo

ヴィクトル・ユゴー市場は、トゥールーズ最大の屋内マルシェで、フランスで最も名高いマルシェのひとつとして有名です。屋内には所狭しと、新鮮な魚介類、肉類、野菜などが並び、世界中のグルメファンだけでなく、観光客に人気のスポットとなっています。1階には小さなバーやテイクアウト用のお店、2階には、伝統的な人気のレストランもあります。

トゥールーズ・キャピトル広場

キャピトル広場

Place del Capitole

キャピトル広場は、トゥールーズの町の中心に位置し、トゥールーズ市庁舎をはじめ、トゥールーズの象徴とも言えるレンガ造りの建築物に囲まれた広場。キャピトル広場の中心には、美しいオクシタン・クロスと呼ばれるオクシタン地方独特の十字架が刻まれています。もっと読む→

トゥールーズ・ウィルソン広場
トゥールーズのホテル最安値検索

現地在住スタッフがズバリ解く!!「ヨーロッパ」観光旅行情報ガイド​